このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

鎌倉市役所腰越行政センター警備員として勤務中の中村さん(68才)にお話を伺いました。


鎌倉に引越しして来たのが令和元年12月ですから、ようやく8カ月経ちました。

きっかけは、娘の出産を機に娘夫婦と同居する事になり、西鎌倉に家を持ちました。

それまでの私は、愛知県警地域課の警察官として県内各所の交番で勤務し、地域に則した
相談や防犯パトロールを行い、泥棒を捕えたり、刃物を持ったコンビニ強盗とも渡り合った
事もありましたが、そんな時も日頃の警察官としての訓練が役立ちました。(柔道初段です)
後半の人生を考えて、警備員指導教育責任者資格を取得し、定年後も交番相談員や病院での
保安係として働きました。

趣味としては、30代の頃、バイクの免許を取得し警察署内でツーリングが盛んに行われた時期
があり、県内随所、同僚たちと廻りましたがとても楽しい思い出で、いつか機会があればもう
一度行ってみたいですね。  
夢ですね!

鎌倉での生活は、孫もでき、家族そろっての楽しい時間を過しています。
ある日、妻からセカンドライフかまくらというシニアの就業相談会があると聞き、その後、縁あり
ましてこの行政センターでの警備業務に就くことができました。
今までやって来た仕事と共通する所があり、安心ですし家族も応援してくれています。
地域との繋がりを持ちたかったので、私にはぴったりです。
今後、コロナが収束したら、孫も連れて皆で鎌倉散策や旅行にも行きたいし、神奈川の事をもっと知り
たいと思っています。

最後に、鎌倉市役所腰越行政センターの皆さん、㈱ビーエム横浜さん、セカンドライフかまくらさん、等
多くの方々にお世話いただきながら今日があると思っていますし、今後も地域の皆さんと楽しく暮らして
行きたいです。
それには健康が一番ですね!
今日は、有難うございました。